テニスの初心者が試合で勝率を上げる”1つ”の方法

今回は、

 

テニスの初心者が

 

試合で勝率を上げる1の方法

 

を紹介していきます!

 

僕もテニスがあまり上手くないときは

 

実践してましたし、

 

この方法を使って

 

逆転して試合に

 

勝ったことがあります!

 

初めてテニスの試合に出るという方は、

 

この方法を知っているだけで、

 

だいぶ勝率が上がると思いますので、

 

ぜひ実践してみてください!

 

 テニスの勝利が上がる1つの方法とは

さて、それでは紹介していきます!

 

初心者で、

 

初めて試合に出る人が、

 

勝率をあげる方法・・・

 

それは、

 

「ひたすらロブをあげまくる」

 

ということです!

 

まず、ロブの説明をしましょう。

 

ロブとは、

 

ボールを大きく打ち上げ、

 

山なりの深いショットのことです。

 

基本的にこのボールは、

 

相手に責められて、

 

「ギリギリ返せられるぐらい!」

 

という状況の時に、

 

ロブをあげて、

 

深く返し、

 

時間を稼いで、

 

自分の立ち位置に戻るという

 

時によく使われます。

 

では、なぜそれを使うべきなのか?

 

それを紹介していきましょう!

 

なぜロブをあげまくる方が良いのか?

理由としては、

 

もし、初心者であれば、

 

テニスのショットのミスの確率が多いからです。

 

初心者の方であれば、わかると思うですが、

 

やはりプロのようなショットはなかなか打てないですよね笑

 

僕も最初はそうでした笑

 

狙ったところにボールが飛ばないし、

 

まず、

 

ネットにかかったり、

 

コート外に吹っ飛んだりします。

 

テニスって結構難しいんですよね笑

 

だから、練習で試合をやってみても、

 

自分がショットでポイントが取れたりするより、

 

自分のミスで、

 

ポイントが進んでいくということが多いと思うんですよ。

 

これ、初心者あるあるです笑

 

僕が中学校1年生の頃に、

 

初めて試合に出た時、

 

他の中学校1年生のみんなは

 

みんなそんな感じの試合をしていました笑

 

まぁ、その中でも、

 

上手い人もいましたし、

 

ジュニアからやってて、

 

ゴリゴリに結果出すやつもいました。

 

で話を戻すと、

 

ロブだとミスが断然少なくなるのです。

 

上に打ち上げるだけなので、

 

高度な技術が要求されません。

 

んで、

 

ロブを打ちまくることによって、

 

自分のミスの確率を少なくすることが可能になります。

 

そこで、

 

相手が初心者で、

 

ロブという戦術を知らなければ、

 

自分はロブを打ちまくって、

 

相手のミスを待つだけで良いので、

 

気づいたらポイントが優位になってたりするんですよ笑

 

ジョンがその方法で勝った実話

僕が、中学2年生の頃、

 

公式試合があったのですが、

 

1回戦目で、

 

自分と同じような実力の相手と当たりました。

 

そして、試合をしていたのですが、

 

その時は自分の調子が悪く、

 

ショットがアウトしたり、

 

ネットにかかったりと、

 

ポイントがあちらに加点される

 

進み方をしていました。

 

ついに4-2になり、

 

そろそろやばいなと思った時、

 

「ロブで守ってみよう」

 

と考えて、

 

そこからスタイルを変えてみたのです。

 

すると、ラリーが続いて、

 

相手のミスでポイントがこちらに入るようになったのです。

 

そこから、

 

そのロブだけ打つというスタイルを突き通して、

 

結果的に勝つことができました!

 

この戦術の注意点

1つだけ知って欲しいのですが、

 

このロブだけ打つという戦術が、

 

通用するのは、

 

1回戦から〜3回戦レベルまでということです。

 

めちゃめちゃ強い選手は、

 

ミスがなく、

 

そのロブに対しても、

 

バコバコ速いボールで打ち返してきます笑

 

ですので、

 

あくまで、この戦術は

 

初心者〜中級者までしか通用しない戦術と

 

心得てください!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、

 

初心者が初めてテニスの試合に出るときに、

 

勝利が上がる方法を紹介させていただきました!

 

もし、試合中に

 

相手におされ始めたら、

 

使ってみると勝てるかもしれません!

 

ぜひ、活用してみてください!