小林慎太郎/ラブレターのwiki風プロフ!値段や効果は?アウトデラックスに登場!

どうも!

 

ジョンです!

 

 

 

3月7日にアウトデラックスが放送されるのですが、その放送内容がこのようになっております!

 

IT企業で働く傍ら、副業としてラブレター代筆業を行っているという小林。実例として、アウト軍団・柿沼しのぶに宛てて書いた手紙を朗読する。さらにアウト軍団もラブレターの作成に挑み、小林がスタジオで添削。

引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/55632346/

 

今じゃすっかりラブレターという単語を聞くこともなくなりましたね。

 

時代は、SNSや携帯がメインの伝達社会で今じゃラブレターを送る人が少ないのではないのでしょうか?

 

ジョンが小学校の頃は、まだラブレターで告白するという文化というかそういうのはありましたね笑

 

小学生で携帯を持つ人がいないので笑

 

でも今じゃ小学生でもスマホを持つ時代、ラブレターがどんどん減る一方だと思います。

 

そんな中、ラブレターの代筆をする仕事をしている、小林慎太郎さんという方がアウトデラックスに登場するそうです。

 

 

 

さて、今回気になるのは、このラブレターの代筆を行う小林慎太郎さんなのですが、この方は一体どのような方なのでしょうか?

 

小林慎太郎さんのwiki風プロフィールを作成し、経歴会社ラブレター代筆の値段効果まで調査致しました!

小林慎太郎さんのwiki風プロフィール!


まずは、

 

小林慎太郎さんwiki風プロフィールから紹介していこうかと思います!

 

氏名:小林慎太郎

読み方:こばやししんたろう

生年月日:1979年生まれ

年齢:39歳

出身地:東京

大学:立教大学社会学部卒

資格:経営学修士(MBA)

職業:IT企業、デンシンワークス代表

 

と、このようになります!

 

 

 

小林慎太郎さんはIT企業に勤めながら、デンシンワークスというラブレターの代筆をする会社を運営しています。

 

そんな小林慎太郎さんがラブレターの代筆を始めたのは、4年前ほどで、きっかけは人生を俯瞰して見たときにありました。

 

20代から今まで仕事に追われて過ごして生きてきのだが、実際は心の底から楽しいと思えはしなかったらしいです。

 

このまま70代で亡くなると考えると、自分が楽しい仕事を追求したいと思ったそうです。

 

小林慎太郎さんの中で「話す」ことと「書く」ことが好きなので、就職・転職の相談やプレゼンテーションの伝え方や振る舞いを指導する2つの事業内容で会社をスタートさせたらしいです。

 

ただこれだけじゃつまらないと思い、少しでもネタになれと思い、ラブレターの代筆も追加で始めました。

 

 

 

会社を初めて1ヶ月はなかなか依頼が来なかったらしいのですが、そこから何件か依頼が来たそうです。

 

ですが、ラブレターの依頼者は皆、切実な状況の中で、切実な想いを抱えている方ばかりで、半端な気持ちではかったそうです。

 

ラブレターを渡すことで、離婚をした奥様との復縁を実現させたい、という依頼。

 

奥様を亡くされ失意の日々を過ごしていた中、コンビニで働く女性の明るさに救われ、感謝の想いをラブレターを通して伝えたいという七十代の男性。

 

と、様々な依頼の中にドラマがあったことを学んだそうです。

 

 

 

とても素敵なストーリーですよね。

 

ネタ半分で始めたラブレター代筆事業ですが、依頼主の強い思いを手紙に代筆していく様は、最初の印象と全く変わりました。

 

そんな小林慎太郎さんなのですが、著者としてラブレター代筆事業のストーリーをまとめたを執筆していますので、ぜひ興味がある方はご覧下さい。

 

ラブレター代筆の値段や効果は?


続いては、

 

ラブレター代筆の値段や効果について調査致しました!

 

 

 

小林慎太郎さんのラブレター代筆の値段なのですが、料金は10000円だそうです。

 

まずは、東京住みなら小林慎太郎さんが直接ヒアリングしてくれるらしく、小林慎太郎さんが直接手紙に書くのではなく、文章にしてくれて、実際に手紙に書くのは依頼主本人らしいです。

 

これを割高だと思うか、安価だと思うかは人それぞれだと思いますが、デンシンワークスさんのサイトに実際の執筆事例が記載されているのですが、

 

ジョン的には本当に文章が綺麗で、素敵な文章だと感じました!

 

語彙力無くて伝わらないと思いますが笑

 

気になる方は実際にサイトに飛んで見てみてください!

 

 

 

そして、ラブレターの効果についてなのですが、これについてはラブレターの実績を公表していなかったため正確には分かりませんでした。

 

ですが、小林慎太郎さんの経験上、ラブレターが効果的に機能するのは、ラブレターを受け取る側から送り主への想いが30%~40%くらいはあること、が前提だそうです。

 

ということは、気になっているお相手が自分のことについて、気になっているぐらいの気持ちがあれば、交際に進展する可能性があるですね。

 

これを知った瞬間、ジョンは結構衝撃的でしたね。

 

 

 

もし交際したいという相手を、自分のことを気になっている状態にすれば、ラブレターというものを使えば交際できるのですから、ラブレターは結構強力だなと思いました!

 

確かに、自分で書いた字を見れば、自分の事をこんなに想ってくれているんだと感じることができ、想いが伝わりやすいとは過去に聞いたことがあったのですが、

 

こんなに強力だとは思いませんでした笑

 

 

 

ジョンもラブレター代筆使ってみようかな笑

 

皆さんもぜひこれを機に、気になっている人がいるならラブレターを使って告白してみるのも悪くないかもしれませんね!

 

 

 

3月7日のアウトデラックスの記事はこちら↓↓↓

清水啓之(吉本新喜劇)のプロフィール!高校や彼女は?アウトデラックスに登場!

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、

 

「小林慎太郎/ラブレターのwiki風プロフ!値段や効果は?アウトデラックスに登場!」

 

について調査致しました!

 

 

 

最初は、アウトデラックスの放送内容で、怪しい職業と記載されていたので、そういう入りで見ていたのですが、実際調べてみると、めちゃめちゃ素敵な代筆屋さんでしたね!

 

小林慎太郎さんのストーリーを知ると、ラブレターを活用する依頼主のいろんな感情や事情が知れて、感動しました。

 

これからも沢山の人の気持ちや想いに寄り添い、ラブレターの代筆を行って欲しいですね!

 

これからのご活躍も期待させていただきます!

 

陰ながら応援させていただきますね!