テニスのルールを簡単に説明【テニスの勝敗のつき方が分かる!】

どうも!ジョンです!

 

今回は、

 

「テニスってどんなルールなの?」

 

「何をすれば勝てるの?」

 

 

という、テニスのルールがいまいち分かってない方に向けて、

 

 

テニスのルールを説明させていただきます!

 

 

 

テニスって結局何をすれば勝ちなの?

まず、テニスは結局何をすれば勝ち負けが決まるのか?

 

 

ということを説明させていただきます。

 

 

テニスは、決められた”ゲーム数”もしくは”セット数”を相手より多く取れば、勝ちになります。

 

 

そもそも、1セットは6ゲームで構成されており、

 

 

その中の、1ゲームは4ポイント先取することで、得られます。

 

 

少しややこしいですね笑

 

もし、2セット先取すれば勝ちという試合であれば、

 

12ゲーム(48ポイント)を取れば、勝ちということになります。

 

ですが、このセット数や、ゲーム数は、試合の種類によって異なっており、

 

例えば、学生の県大会レベルであれば、1セット先取ルールですし、

 

プロレベルになると、

 

3セット先取や、5セット先取に変わっていきます。

 

※補足

1ゲームのポイント数は、4ポイントですが、それぞれ呼び名が違いまして、

 

【1p→15, 2p→30, 3p→40, 4p→game】

 

というようになっております。

 

 

ポイントとゲームが偶数だけど、その場合引き分けになるの?

 

いえいえそんなことはありません!!!

 

もし、ポイント数が40-40(3-3)の場合、どうなるかというと、

 

”デュース”となり、

 

どちらかが2ポイント連取しないと、そのゲームの勝敗がつかないということになります。

 

自分はこのデュースで、

 

結構苦い思い出がありまして、

 

学生の頃、夏の公式試合でデュースが20回続いたことがあり、

 

汗と緊張が止まらない時間が続いて、

 

めちゃめちゃきつかったです笑

 

そして、

 

ゲームの場合なのですが、

 

こちらもゲーム数が、5-5になった場合、

 

どちらかが、2ゲーム連続でポイントしたら、

 

そのセットを先取することになるのですが、

 

6-6になった場合、

 

「タイブレイク」

 

になります。

 

このタイブレイクになると、

 

そのゲームを12ポイントで争い、

 

どちらかが、2ポイントをつけて7ポイントを最初に先取するか、

 

こちらも6−6になると同時に、

 

2ポイントをつけて先取する、

 

デュース状態になります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、テニスの勝敗のつき方を、紹介させていただきました!

 

これから、テニスをする方、もしくは

 

テニスの試合を見る方などは、

 

ぜひ上記に書いたルールを頭に入れて

 

テニスを楽しんでみてください!!!