沢田研二”ジュリー”のコンサートライブが中止!!中止理由はこちら!!病気が原因?

どうも!ジョンです!

 

先ほど、ニュースでこのようなニュースが流れてきました!

 

ええ!いきなりライブが中止に!笑

 

そんなこと中々ないですよね・・・

 

いきなり何があったんでしょうか・・・

 

がっかりというより、びっくりの方が大きいし、

 

なんで!?ってなりますよね笑

 

なので、今回は、

 

なぜライブコンサートが中止になったのかについて

 

調べてきました!

ライブ情報は?

さて、まずはライブ情報を

 

整理していきましょう。

 

歌手・沢田研二(70)が17日、さいたまスーパーアリーナで午後5時から予定していた公演「沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」が急きょ中止となった。同所の管理会社が認めた。

会場スタッフは、困惑する来場者に向け「重大な契約の問題が発生したため、主催者、所属事務所が協議を重ねた結果、本日の公演は中止とさせて頂くことになりました」と説明。

本当に急なドタキャンなのですね笑

 

理由としては、

 

重大な契約の問題が発生したためと濁らせて発表していますね。

 

こんなことまず珍しいですよね。

 

契約での問題だと、

 

ライブの設定とか、

 

そういうのが、

 

さいたまスーパーアリーナさんのライブ会場との

 

ズレが出ていたのでしょうか?

 

それだとしても、リハーサルも前日からしていると思うし、

 

いきなりそのような判断になることは

 

まずないんじゃないかなと思います。

 

体調面に問題があったのではかと思いましたが、

 

ツイッターでは体調面に問題はなかったとつぶやきがありますし、

 

それであれば、そのように報道しますよね?

 

ライブコンサートを中止した理由は?

さて、今回の、

 

中止理由は一体なんだったのでしょうか?

 

ツイッターではありますが、

 

このような理由を書かれていました。

原発の署名活動をホール内で・・・

 

あぁそういうことなのか。

 

実際これが真実かどうかはわかりませんが、

 

ダメですね。

 

署名をとにかく人が多いところでやりたいのはわかりますが、

 

ライブ会場でやるのは少し卑怯というか

 

クリーンな感じがしませんよね。

 

もしこれが本当であれば、

 

署名が良いことというイメージが崩れそうです。

 

とにかく数を集めるのが目的になっちゃってますよね。

 

【追記】理由は観客が少ないからだった

スポーツ報知というサイトで

 

このように沢田研二さんがおっしゃていました。

沢田は中止の理由について「動員に関する契約上の問題だった」と説明。同会場は客席が可動式で、規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能。開演前に所属事務所、イベンター会社から集客状況について「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。本番前のリハーサル時、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた。

そういうことだったのか。

 

沢田研二さんは観客いっぱいでやりたいが、

 

ライブ会場は客が少なくても、やりたいということだったのですね。

 

んー、プライド的な部分ですかね、

 

もちろんプロの歌手ですから意地もあると思いますが、

 

来てくれたお客さんに対しては、

 

あまり納得いかない部分もあるんじゃないでしょうか!

 

僕は、たった9000人でも来てくれたお客さんのために歌うのが、

 

プロ歌手としての役目だと思いますけどね。

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、

 

「沢田研二”ジュリー”のコンサートライブが中止!!中止理由はこちら!!病気が原因?」

 

について紹介させていただきました!

 

もしこれが本当であれば、

 

ワイドショーでも大きな議論として

 

あげられそうですね!