サンボのビクトル古賀って誰?娘や息子、妻はどんな人?弟子は馳浩?

どうも!

 

ジョンです!

 

先ほど、

 

ニュースが流れてきました!

 

まず、ご冥福を祈らせていただきます。

 

この方は

 

ビクトル古賀さんという方で、

 

サンボの元世界王者の方です。

 

ジョンはこの方を

 

初めて知ったのですが、

 

この方は

 

どのような方なのでしょうか?

 

古賀さんのプロフィールや、

 

娘や息子、

 

妻や、弟子が馳浩さんであるのか

 

について

 

調査致しました!

ビクトル古賀ってどんな人?

まずは、

 

ビクトル古賀さんについて

 

紹介致します!

 

ビクトル 古賀(ビクトル こが、1935年 – 2018年11月3日)は、日本の格闘家。日本人と白系ロシア人のハーフで、日本名は古賀正一(こが まさかず)。日本にロシアの国技であるサンボを広めた功労者である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E5%8F%A4%E8%B3%80

簡単に説明すると

 

このような感じになります!

 

ジョンは最初、

 

ビクトルってどういう意味だ!

 

と思ったんですけど、

 

ハーフなんですね笑

 

でも、ビクトルって珍しい笑

 

ですが、wikiで調べたところ、

 

ビクトルはコサックとサムライの血を引く日本人である。

 

という意味もあるそうです!

 

かっこいいですね笑

 

しかも、

 

プロレスの初代タイガーマスク

 

サンボを教えたのも、

 

このビクトル古賀さん

 

らしいです!

 

めて知りました!

 

ジョンは、プロレスが少し好きで、

 

昔のプロレス動画をよく見るんですけど、

 

確かにタイガーマスクの動きが

 

他のレスラーに比べて

 

滑らかだし、

 

一味違う技の出し方が、

 

強烈でしたよね!

 

あれもサンボの技だったのかも

 

しれません!

 

そして、もう1人弟子としては、

 

馳浩さんらしいです!

 

しかも、ビクトル古賀さんの

 

娘と結婚していたらしいです!

 

これも驚きですね笑

 

その後は、

 

離婚されたらしいですが・・・

娘や息子、妻はどんな人?

そして、

 

次はビクトル古賀さんの

 

娘や息子、妻について調査致しました!

 

ですが、

 

ネットで調べたところ、

 

全く情報がでてきませんでした・・・

 

すみません。

 

先ほど、上記に

 

娘さんが馳浩さんと

 

結婚されたことについては

 

紹介致しましたが、

 

本当にそれぐらいしか出てきませんでした。

 

ですので、ビクトル古賀さんは

 

結婚はされていて、

 

娘さんだけ

 

いるんじゃないかと

 

思います!

 

でも、ビクトル古賀さん83歳って

 

すごい長生きですよね!

 

ジョンの勝手な主観ですけど、

 

格闘家って寿命が短い

 

と思っていたのですが、

 

結構な長生きですね!

 

妻や娘さんと

 

幸せに暮らしていたんじゃないかと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、

 

「サンボのビクトル古賀って誰?娘や息子、妻はどんな人?弟子は馳浩?」

 

について紹介させていただきました!

 

ビクトル古賀さんは

 

日本に初めてサンボを

 

広めてくれた先駆者として

 

大変素晴らしいご活躍を

 

されてきた方だと思います!

 

これからもサンボが

 

日本に活発になることを

 

期待しています!

 



2 件のコメント

  • 初めてのコメント失礼致します。

    学生時代にビクトル古賀さんの息子さんから授業を受けたことがあります。
    教育学を教えてらっしゃる方で、とてももの柔らかな話し方で楽しい先生でした。

    失礼ながら下のお名前は失念してしまったのですが、苗字は間違いなく古賀先生で、ビクトル古賀さんの話をすると「親父ですね」とはなしていました。

    授業前に馳浩選手や鈴木みのる選手の話をしていただいて、プロレス好きな僕は質問攻めに合わせてしまったことを思い出します笑

    • サイト運営している者です。

      記事を見ていただき、そして、コメントを残していただきありがとうございます。
      すごく貴重なお話ですね!

      私はあまりビクトル古賀さんについては詳しくありませんが、偉大な方だということは重々認識できました。
      これからも偉大な1人として語り継がれていくでしょう。

      これからもご期待に添えるような記事を作成していきますので、
      今後ともよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です