テニスラケットの”失敗”しない選び方って?【初心者限定】

どうも!ジョンです!

 

今回は”初心者がテニスラケットを選ぶ時”に、

 

失敗しない方法を紹介していきたいと思います!

 

そもそもテニスラケットは沢山の種類がある上、

 

だいたい2万円〜3万円以上するため、

 

慎重に選びたいものです笑

 

何を基準で選ぶべきなのか?

 

初心者に何がおすすめなのか?

 

を説明していきます!

 

 

テニスラケットには6つの特徴がある

そもそもテニスラケットには6つの特徴があります。

 

それぞれの特徴に意味があり、

 

選手もそれを基準にして、

 

自分にあったテニスラケットを選んでいます

 

その6つの特徴が、

 

どのような効果をもたらし、

 

初心者はどれを選んだら良いのか紹介していこうかと思います!

 

フレームウェイト

フレームウェイトとは、簡単に説明すると、

 

ラケットの重さです。

 

ラケットにも、

 

重いラケットと軽いラケットがあるのですが、

 

それぞれの効果はこのようになっております。

 

・軽い・・・ラケットを軽く振れることができるが、相手の重いボールに力負けしてしまう。

・重い・・・ラケットが重いことによって、ボールが重くなり、相手のボールに力負けしないが、振り遅れたりする場合がある。

では、この軽いと重いの基準ってどこから?

 

と思うのですが、

 

軽いラケット300g以下で、

 

重いラケット300g以上になります。

 

ですので、300g標準になりますね!

 

初心者の場合、

 

フレームウェイトは、男性の場合は300gで、

 

女性の場合は力があまりないと思うので、

 

280〜295gが好ましいと思われます!

フェイスサイズ

フェイスサイズとは、ラケットの面の広さを示します。

 

ラケットの面にも、大小サイズの違いがありますので、

 

それぞれの効果の違いを説明していきます。

 

・面が広い・・・ボールがあたりやすく、打ちやすい

・面が狭い・・・打感が増して、ボールがコントロールしやすくなる

 

フェイスサイズの基準は、

 

105インチ以上面が広く

 

95インチ以下面が狭くなります!

 

ですので、95インチ~105インチ標準になりますね!

 

自分的に、面が狭いと初心者は打ちにくいのかなと思いますが、

 

逆に面が大きすぎてもそこまで問題はないので、

 

初心者は標準サイズの真ん中の100インチを選ぶのが無難かと思われます!

 

フレームの厚さ

次は、フレームの厚さですが、ここも違いがあります!

 

フレームの厚さの違いにより、以下のような効果が得られます。

 

・フレームが厚い・・・パワーが出やすいため、遠くにボールが飛ばしやすい

・フレームが薄い・・・空気抵抗を受けにくいため、スイングスピードが速くなり、コントロール性能が高くなる

ここは正直、大きな欠点などはないですが、

 

初心者は、コントロール云々より、

 

如何にボールを相手のところまで飛ばせるか、

 

コートに入れるかが目的になると思いますので、

 

そこから考えると、

 

フレームが厚い方で良いと思いますが、

 

ぶっちゃけどちらでも、失敗はないと思います!

 

グリップのサイズ

グリップサイズの違いにも効果が違ってきます。

 

・グリップ(太)・・・手首があまり動かせない代わりに、無駄な動きがしにくくなり、安定したストロークが打ちやすくなる

・グリップ(細)・・・手首が動かしやすいため、細かいショット(ボレーや、ドロップショット)が打ちやすくなる

 

グリップだけでも、このような違いが生まれます!

 

正直僕は、そこまで意識していなかったのですが笑

 

というのも、僕はストロークプレイヤーだったのですが、

 

グリップが太すぎると、

 

打ちづらいなと思ったことがあるからです。

 

だから、自分にフィットするサイズで良いと思われます!

 

ラケットによって、グリップサイズが決まっているラケットもあるので、

 

初心者は、

 

とりあえず細いグリップサイズのラケットを選ぶのが無難かと思われます。

 

理由としては、

 

グリップは別売りで売られているため、

 

2重巻きにすれば、グリップサイズを調節できるからです!

 

ですので、初心者はまずグリップサイズは

 

細いやつを選びましょう!

 

ストリングス(ガット)の細かさ

実は、ラケットによって、

 

ストリングスの幅が粗かったり、細かかったりします。

 

この違いによって起こる効果は以下の通りです。

 

・ガットが粗い・・・ボールを飛ばしやすく、スピンがかかりやすい

・ガットが細かい・・コントロール性能が上がり、打球感が硬くなる

自分的に、こちらもあまり意識したことがなかったです笑

 

例え、ガット幅が細かいラケットを選んだとしても、

 

スピン系のガットを張れば、ある程度

 

スピン系は担保されるからです!

 

しかし、初心者は、

 

ボールを遠くに飛ばすというのと、

 

スピンの感覚を掴んだ方が、

 

成長しやすいと思っていますので、

 

ガットの幅が粗いラケットを選んだ方が、

 

良いと思います!

 

重心の違い

ラケットには重心があり、上、中心、下に別れています。

 

重心の違いによって、起こる効果は以下の通りです。

・上・・・ウェイトが軽いラケットに多く、面近くに重心があることにより、重いボールに打ち負けないが、咄嗟の動きに反応しにくく、ネットプレーに弱い

・中心・・ストロークとネットどちらにも向いているオールラウンドプレー向き

・下・・・グリップ付近に重さを感じるため、瞬時の動きがしやすく、ネットプレーに向いている

こちらに関しても、

 

自分がストローク向きか、ネット向きか

 

まだわからないかと思われますので、

 

中心部に重さがある、

 

ラケットを使うのが良いと思われます!

 

実際僕は中心部に重心がある、

 

ラケットをずっと使っていました!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

 

今回は、長々と説明させていただきましたが、

 

結局初心者はラケットをなにを選んだらいいかというと、

 

無難なやつが1番良いということです。

 

自分の得意なスタイルなどが、

 

まだ発見できてないので、

 

そこに合ったラケットを見つけられないからです。

 

ですので、まずは自分がどのようなプレースタイルが得意なのか、

 

というのを見つけるということを最優先して、

 

尖った特徴がないラケットを使うということが

 

成長の近道だと思われます!

 

ぜひ、ラケットを沢山みて、

 

楽しんで選んでみてください!^^